- 冬でも油断大敵! 紫外線と美容鍼冬 -

冬になると乾燥が気になりますよね。。。冬 だからとい って、紫外線対策を怠ると、 お肌は乾燥します。夏場は紫外線によって引き起こされる肌トラブル の 対策をされる方が多いかと思います が、実は冬こそとても大切なんです。そこでまず、紫外線についてお話したいと思います。☆
☆紫外線の種類☆
紫外線はUVA波、 UVB波 、 UVC波の3種類の分類され、この中の A と B 波が地球に届きます。

UVA波は波長が長く、窓ガラスや雲を通過してお肌の真皮層に到達します。 車の運転や 、お洗濯ものを干すなど、 日常生活の中で知らず知らずのうちに 長時間浴び続ける事によって 、真皮内の繊維質を変性させ シワ やたるみの原因になります。

UVB波は、皮膚正面の表皮に届き 、 日焼けにより皮膚が赤くなり細胞の遺伝子に傷がつき角層の一部が 剥け 肌が乾燥します。また、肌の赤みが引いた後はメラニンが生成され シミになる場合もあります。 角層部分の水分が減少し肌荒れの原因になります。

どちらも日焼けの原因になり、肌荒れやしわたるみの原因になりうるという事です。
☆日焼けにも種類が!☆
日焼けにも種類があると知っていましたか?

日焼けにより肌が「赤くなる」ことをサンバーン と言います。これは UV B 波によるもの。海水浴で真っ赤に日焼け するアレです。ひどい場合には水ぶくれが 出来ます。サンバーンを起こすほどの日焼けは細胞の遺伝子損傷を招くため 皮膚がんなどの要因にもなりますので、日焼けのし過ぎには要注意です。

一方、赤い日焼けの数日後に現れる 「黒くなる」日焼けを サンタン と言います。 これは UVA,B波両方によるもので、 紫外線を浴びて 72 時間前後 か らメラニンの生成が始まります。メラニンは、皮膚のターンオーバーとともに数か月かけて排出されますが、 排出しきれずシミになることもあります。
☆紫外線対策としてオススメの美容鍼☆
紫外線対策として日焼け止め、帽子、日傘など ありますが、【 美容鍼 】も取り入れてお肌のターンオーバーを早め、シミになるのを防ぎましょう。
美容鍼では鍼が肌の奥にある血管や筋肉に直接刺激を与えることができます。 あえて鍼で皮膚の組織を傷つけることで壊れた組織を修復しようとする自然治癒力が働き新陳代謝 が活発になります。
硬くなったお顔の筋肉が柔らかくなり血行が良くなるので、お肌に弾力やハリを取り戻すことが出来ます。
血行が良くなることによって老廃物の排泄が促進されむくみがスッキリし、鍼の刺激によって肌が 引き締まりシワの改善も期待されます。

1年中を通して、紫外線対策を行って若々しいお肌を取り戻しましょう☆

Acupuncture column

- 鍼灸コラム -

Information from PAL

-PALからのお知らせ-