- 妊活と鍼灸 -

妊活と鍼灸について
妊活や不妊治療を受けられている方からよく「鍼灸 が妊活に効果があると聞いたのだけど…」と治療と並行して鍼灸や整体に通われている方が多くいらっしゃいます。鍼灸は肩こり、腰痛、頭痛…等 WHO でも一定の効果が認められています。 近年では婦人科領域、特に 不妊治療の分野で注目されています。な
なぜ不妊症がふえたのか?
女性の社会活躍による、 結婚や妊娠 適齢期の遅延などがよく取り上げられますが、 実はその原因は男女ともに半々です。
環境ホルモンの影響、過労や睡眠不足などのストレスによる影響、食生活の乱れ、運動不足などは男女共通の原因と 考えられます。
特に女性は過労や ストレス 、身体の冷え などが原因で生理が遅延するなど ホルモンバランスに影響が出ます。自律神経と冷えについてはこちら それによって、排卵が遅れたり 着床がしにくくなる ケースがあるように思います。 特に 不妊治療を受けている方は心身ともにストレス状態です。
鍼灸治療では、鍼や灸でツボを刺激して、自律神経系やホルモンの分泌に働きかけたりします。
疲れやすい、お腹やお尻周りが冷える、手足が冷える等の症状がる場合は、まずこの症状に対するアプローチを行っていきます。 お身体の冷えを改善し、お客様一人一人の体質に合ったツボを 選び治療を行っていき 、 妊娠しやすい身体づくりを 目指していきます。もちろんこれはパートナーの男性にも言えることです。男性不妊の場合もストレスや食生活の乱れからくるケースが多く見られます。
まずはご夫婦で お身体を健康な状態にリセットしてみてはいかがでしょうか。

不妊外来に通われている方は、鍼灸治療を行ってもよいか、かかりつけのお医者様にご相談ください。さらに子宮や卵巣に異常がある場合は、その疾患の治療が優先されます。

また、不妊治療に限らずですが、鍼灸治療はすぐに効果が得られるものではありません。 ある程度継続した 治療期間が必要となります。
不妊治療では、お身体の調子を整えていくことが目的となりますので、目安として週1 回~隔週 で体調が良くなるまで 体調の変化を感じるのも個人差があります きちんと通って頂くことが大切です。

Acupuncture column

- 鍼灸コラム -