妊娠のカギとなる期間
着床に大事な「低温期」の過ごし方

低温期って?
生理初日から排卵日までの期間のことを指し体温が36.3°C前後になります。低温期を正確に測るためには毎日基礎体温表を付けていくことが大切です。

低温期は卵胞を育てるための大事な期間です。卵胞が成長する事で、排卵がおこります。
毎日規則正しい生活、食生活を心がけましょう◎
<低温期の過ごし方>
温かくして過ごす。
温かくして過ごす。
体が冷えると、血行が悪くなるため冷えないようにすることが重要◎ 汗をかいて体を冷やすこともあります。 汗を書いたら適度に下着を取り替えることもオススメです。
適度な運動
血行を良くするために、適度の運動を欠かさないようにしましょう。
30分程度のウォーキングが最も効果があると言われています。
睡眠をしっかりとる
1日の内で妊娠に必要なホルモンであるエストロゲンが最も分泌されるのは 夜の睡眠中です。

鍼灸サロン院長の「鍼灸コラム」

Column

毎日健康でお過ごしいただくために・・・

皆様からのお声

Customer Reviews

皆様から寄せられたお声をご紹介します

PALからのお知らせ

Information from PAL