-肩こりと鍼灸-

この様な症状でお困りではないですか?
・常に肩が凝っている
・頭痛がある
・目の奥が痛い
・ほぐしてもなかなか良くならない ストレスで眠れない

『肩こり』は、日々の生活の中で一番多い症状なのではないでしょうか?
『肩こり』は病気ではなく、症状の一つです。
まずは痛みの原因をみつけましょう!
肩こりの原因は、「精神的ストレス」「寒さ」「運動不足や筋力不足」など、はっきりした原因がわからないものと、「むち打ち」「五十肩」「心臓疾患」など、内科的疾患や、歯の痛みのように原因がわかっているものがあります。

このように様々な原因によって血管が収縮すると、筋肉が血行不良を起こし硬くなります。筋肉が固くなることで、さらに血管を圧迫し血行不良を起こし疲労物質などの回収がうまくいかなくなるとコリとなって痛みや不快感を生じさせます。
鍼灸サロンPAL ではどうすれば改善できるのか、
ケアの仕方などを丁寧にご説明させていただきます。
肩井(けんせい)
乳頭から真上に手をすりあげ肩の一番高いところを押して 痛みを感じるところです。肩と首をつなげている筋肉や肩甲骨を持ち上げている筋肉に関係があり、肩から背中のこりに効果があります。
風池(ふうち)
後頭部真ん中のくぼみと、耳の後ろの骨の間にあるくぼみです。頭を支えている筋肉に関係があり、眼精疲労や首・肩こりに効果があります。

Acupuncture column

- 鍼灸コラム -

ご予約はこちら