-その症状、『冷房病』かも!?-

冷房のかけすぎは自律神経のバランスを崩し頭痛・めまい・肩こり・関節痛・足のむくみ・だるさ・風邪や膀胱炎など様々な症状を引き起こします。
涼しい屋内から外に出るとめまいや立ち眩みがおきることありませんか? これを『冷房病(クーラー病)』といいます。

人が温度変化に対応できるのは 5℃以内と言われています。冷房のかけすぎは自律神経のバランスを崩し頭痛・めまい・肩こり・関節痛・足のむくみ・だるさ・風邪や膀胱炎など様々な症状を引き起こします。

職場や電車の冷房は自分でコントロールすることはできないですよね。皆さん靴下や、カーディガンなどで対策されていることと思います。

ここで一つ注意したいのが、『靴下』です。足がむくむからと言ってきつめの靴下で締め付けすぎてしまうと、足の血流が悪くなり、足が余計冷えます。靴下は毛糸の靴下のような『緩めの靴下』をお勧めしています。  

足がむくんで辛いときは、足首を回したり、ふくらはぎのストレッチを行うことで解消されます
☆簡単!オススメ!ツボポイント!☆
鍼灸サロンPALオススメのリラックス&シワ改善方法をお教えします!
関元【かんげん】
おへそから指4本分下にさがったところ。
丹田(たんでん)と呼ばれ、気血が集中するところ。
温めることで自律神経のバランスを整えます。 胃腸の疲れや生理痛にも効果的です。
湧泉【ゆうせん】
足裏のつま先からかかとまでの約 1/3 のところにできる窪み。

足の血行を良くし、身体のだるさを取るのに効果的です。 足の冷えはもちろん、頭痛や不眠にも効果的とされています。
☆ツボの温め方☆
濡らしたタオルを電子レンジで 30 秒弱チンして蒸しタオルを作り、該当のツボに当てるだけです。ツボピンポイントではなく、ツボ周辺も一緒に温めましょう。

そのほか、症状に合わせたツボや関連するツボについては、鍼灸サロン PAL にご相談ください(^^♪

Acupuncture column

- 鍼灸コラム -

ご予約はこちら