-女性の年齢によるお悩み『更年期症状』-

*更年期症状とは*
年齢とともに卵巣の機能が衰えることで女性ホルモンの分泌が量が減少し、「ホルモンバランスの乱れが起こり、身体が適応できずにあらわれる症状」のことをいいます。

ホルモンバランスが崩れると自律神経のバランスも崩れやすくなります。(ホルモン分泌の調節と自律神経の調節をつかさどる脳の場所と同じだだからです)  

更年期症状の多くは自律神経失調症に似た症状が起こり、症状がひどく日常生活に支障をきたす状態を【更年期障害】といいます。
*更年期障害の主な症状*
・血管運動神経症状
のぼせ、ほてり、発汗、手足の冷えなど
・精神神経症状
抑うつ感、イライラ、不眠、焦燥感、頭痛、めまいなど
・知覚神経症状
手足のしびれ、手足の感覚の鈍か、耳鳴りなど
・運動器官への症状
易疲労感、倦怠感、肩こり、手足の痛み、腰痛 。その他にも、残尿感や尿漏れ食欲不振などがあり、いづれも個人差は大きく、心理的要因が深く関わってくると言われています。
◎治療方法◎
一般的に病院で更年期障害と診断されると『ホルモン補充療法』『抗うつ薬』などが用いられます。これらの治療薬は副作用も強く、長引く場合『漢方薬』を処方されることもあります。  
お薬の副作用が辛い方や、漢方薬を処方されている方は、鍼灸治療との併用をおすすめします。
更年期障害に鍼灸治療がなぜいいのか?
鍼灸治療では一人一人の体の状態を診察するので一人一人治療の仕方が変わります。  その人にあったツボを選びそのツボに鍼や灸をすることで全身のバランスを整えます。 鍼灸には自律神経やホルモンのバランスを整える効果があり、身体に合ったツボに効果的に刺激を入れます。また、薬のような大きな副作用がないので安心して治療を受けられます。  PAL では、さまざまな年齢によるお悩みに対応させていただきます。お気軽にご相談ください♪
◎更年期症状の方向けセルフケア◎
お風呂に浸かりながら、親指で優しく揉んであげてください(^^)  
足の冷えや腰のダルさがある時のツボ のぼせやイライラが強いときのツボです。
太谿【たいけい】
足首にあり、内くるぶしとアキレス腱の間のくぼみ
太衝【たいしょう】
足の甲にあり、親指と人差し指の間で、指先から足首に向かって指を滑らせ止ま る と こ ろ ( 骨 と 骨 の 間 )

Acupuncture column

- 鍼灸コラム -

Information from PAL

-PALからのお知らせ-

ご予約はこちら