- 免疫力って何?-

 新型コロナウイルスの影響が各地に広まり、お仕事や経済など様々な影響をもたらしていますね。巷では、コロナウイルスにかからないよう【免疫力を上げよう!】と免疫力を上げるための様々な方法が紹介されています。

では、免疫って何なのか・・・

なんとなく強くなれそうな気がしますが、これについて少し解説をしたいと思います。
*免疫とは*
 皆さん、風邪を引くと熱が出たり、咳や鼻水がでますよね?これは、体内に細菌またはウイルスなどの『異物』が侵入することによって身体が異物を除去しなければ!!と身体が反応することによって起こります。
この、「異物を除去しなければ!!」と働くのが免疫機能なんです。(この免疫機能には、血液中の白血球が主に働いていますが、とても複雑で話がややこしくなるので割愛します。)
と、いうことは・・・高熱や咳、鼻水は決して悪い反応ではなく、異物を除去するために身体にとって必要な反応ということになりますね。免疫力が上がると、異物を外に出そうとするので風邪症状が出やすくなります。
 逆に、風邪を引いても熱が出ない。。。こんな方もいらっしゃいますよね?こんな方こそ、咳や鼻水が長引きやすいもの。免疫力が少し弱くなってるから外に出そうとする力が足りません。そんな方こそ、免疫力を上げて、ウイルスや細菌に打ち勝つ身体を作りましょう。
◎体温が1度下がると免疫力が30%下がる◎
 免疫力を上げる方法としてよく見かけるのが『体温を上げて免疫力を高めよう!』というものです。
 前述したとおり、体温が下がると免疫力がさがるという医学的根拠はあるようですが、体温を上げると免疫力が上がるという医学的根拠はないようです。ですが、体温が下がらないように維持することで、免疫力の向上を図ることはできますね。
 体温を維持するためには、筋肉をつけることが一つの方法として挙げられます。体温のうち40%が筋肉から生産されているものと言われています。
 最近では、ダイエットでも筋量を落とさないように行う方法が主流になっていているのもこのためもあります。
◎免疫力を落とさないためには脂肪(コレステロール)も必要◎
 人間の体は約60兆個ともいわれる細かい細胞によって成り立っています。細胞は分裂、増殖を繰り返し常に更新されていきます。細胞が常に新しく再生されるためには、細胞膜の材料になるコレステロールが必要になります。
◎免疫機能を維持するために◎
 少し話が長くなりましたが、免疫について、免疫力を維持するために必要なこと。。。なんとなくお判りいただけたでしょうか。
他にも、夜更かしやストレスなどによって免疫力が下がるとされています。これにはホルモンのバランスや、自律神経のバランスと関係しています。

免疫力を維持するために必要なことは、
・過度なダイエットはせず、3大栄養素(糖質、脂質、たんぱく質)をきちんととる
・適度な運動をする
・きちんと睡眠をとる(早寝早起き)
・なるべくストレスをためない。ストレスを回避する方法を身につける

以上のことが大切だと考えます。

 新型コロナウイルスに感染する可能性はいまやどこにいても、誰でも起こりえます。まだ未知のもので、特効薬や予防ができるものがないので、怖いですよね。
 新型にかかってしまったらどうしよう・・・と危惧される方が大半だと思います。かかってしまってら、ではなく、かかっても発症しない、または軽度の症状で済むような身体づくりをすることが大切であると考えます。
◎鍼灸で免疫力が高まります◎
 鍼は、白血球の中のNK細胞(異物を攻撃する細胞)や、T細胞(異物を破壊し記憶する細胞)の移行を促進することが報告されています。鍼をすることによってウイルスや細菌を排除し、次に同じものに感染しても素早く対応できるようになる可能性があります。
 灸は白血球の中のマクロファージ(異物を貪食する細胞)が活性化するということが認められています。以上のことから、鍼灸は免疫機能の活動を亢進する働きがあります。
◎鍼灸サロンPALでは◎
 ベットや備品、室内、施術者の手指消毒にはアルコールと次亜塩素酸にて消毒を行っております。個室のため、他のお客様と密集せずに施術を受けて頂けます。
 また、空気清浄ができる換気設備は充分に整っております。PALにお越しになるお客様に安心して施術を受けて頂けるよう、最大限に配慮しておりますが、ご不安なことがありましたら、お申し付けくださいませ。
 今は「感染を広めない事」が大切です。不要不急の外出自粛のため来院を戸惑っている方もいらっしゃると思いますので、ご来院は無理なさらずにお願いいたします。

Acupuncture column

- 鍼灸コラム -

Information from PAL

-PALからのお知らせ-